腰痛

ここを鍛えれば腰痛は軽減される

投稿日:

外旋筋を鍛えると、腰痛が軽減されると言われています。
外旋筋とは、股関節や太ももを外に開いてくれる筋肉です。

もしも今、腰痛でお悩みであれば、それはひょっとすると、前鏡の姿勢になっているからかもしれません。

前屈みになってしまう腰痛は、「外旋筋の鍛錬法」を知っているとうまくできるでしょう。
ぜひご参考にしてみてください。

外旋筋って何?

まずは外旋筋について知ってみましょう。

外旋筋とは、お尻周りについている筋肉のことです。
外旋筋の役割としては、太ももを外側に開くことです。

厳密に言うと、大臀筋や梨状筋も外旋筋の一部として含まれます。

反対に、太ももを内側に開く筋肉には内転筋があります。
腰痛を抱えている人は、「外旋筋」の凝りを取り除き、鍛えると効果的でしょう。

腰痛の痛みから解放されると期待できます。

腰痛の原因は前傾の姿勢なので、外旋筋を鍛えれば、前傾姿勢が改善できると考えられるからです。

どうして外旋筋を鍛えると腰痛が改善されるの?

外旋筋を鍛えておくと、骨盤が前や後ろにぶれにくくなります。
垂直に保たれた状態でキープすることができるのです。

現代の人は、パソコンで作業する人が多いですよね。
座ったままパソコンをずっと操作していると、股関節が垂直に曲がった状態がずっと続いてしまいます。そして太ももの付け根の血流も、低下しやすくなってしまうのです。

さらに、座った姿勢はお尻が圧迫されていますので、外旋筋も凝りやすくなってしまいます。
その結果として、外旋筋の筋力が低下しやすくなってしまうでしょう。

-腰痛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

あなたも隠れ腰痛かもしれない

頑固な腰痛に悩まされていませんか? 腰痛には様々な種類がありますが、その中には、「隠れ腰痛」というものがあります。 実はあなたの腰痛は、ひょっとすると隠れ腰痛の可能性も大きいです。 こんな症状があった …

no image

骨盤を立てれば腰痛が楽になる

つらい腰痛に悩まされていませんか? 骨盤を立てると、腰痛が緩和されると言われています。それはどうしてなのでしょうか。 骨盤が歪んでいると腰痛になりやすい? 骨盤は身体の中心に位置しているため、様々な筋 …